Auckland Libraries: Japanese new titles

Japanese new titles

Ngā Taitara Hapanihi hōu

Discover the latest Japanese language books for kids and adults. This list updates when we add new titles to our collection.

False
 

おやすみトントン

フィリケえつこ

Picture book

See more
 

おはようポロン

フィリケえつこ

Picture book

See more
 

とびだす!とり

Laura (Children's author) Cowan

Picture book

See more
 

いちにち

ひろたあきら

Picture book

See more
 

バイバイばいきんさん.

たかいよしかず

Picture book

See more
 

バイバイばいきんさん.

たかいよしかず

Picture book

See more
 

バイバイばいきんさん.

たかいよしかず

Picture book

See more
 

バイバイばいきんさん.

たかいよしかず

Picture book

See more
 

どんどんキップ

ミノオカ・リョウスケ

Picture book

See more
 

ひそひそ こしょこしょ

うちむらたかし

Picture book

See more
 

すーは~

umeco

Picture book

See more
 

ぷあぷあ

うしろよしあき

Picture book

See more
 

うそ

谷川俊太郎

Picture book

See more
 

かいぞく タコせんちょう

二宮由紀子

Picture book

See more
 

ねむろんろん

村中李衣

Picture book

See more
 

ものおもう

新井洋行

Picture book

See more
 

まだまだ まだまだ

五味太郎

Picture book

See more
 

ウッソースやきそば

ささきみお

Picture book

See more
 

でんしゃのつくりかた

溝口イタル

Picture book

See more
 

10ぴきのおばけと おおきなふね

にしかわおさむ

Picture book

See more
 

まいごの たまごにいちゃん

あきやまただし

Picture book

See more
 

でんしゃとしょかん

深山さくら

Picture book

See more
 

かなしみのぼうけん

近藤薫美子

Picture book

See more
 

母になる日 = Mother

葉祥明

Picture book

See more
 

クマとオオカミ

Daniel Salmieri

Picture book

See more
 

おまけのじかんだね

松田もとこ

Picture book

See more
 

ありえない!

Eric Carle

Picture book

See more
 

暴虎の牙

柚月裕子

Book

博徒たちの間に戦後の闇が残る昭和57年の広島呉原。愚連隊「呉寅会」を率いる沖虎彦は、ヤクザも恐れぬ圧倒的な暴力とそのカリスマ性で勢力を拡大していた。広島北署二課暴力団係の刑事・大上章吾は、沖と呉原最大の暴力団・五十子会との抗争の匂いを嗅ぎ取り、沖を食い止めようと奔走する。時は移り平成16年、懲役刑を受けて出所した沖がふたたび広島で動き出した。だがすでに暴対法が施行されて久しく、シノギもままならなくなっていた。焦燥感に駆られるように沖が暴走を始めた矢先、かつて大上の薫陶を受けた呉原東署の刑事・日岡...

See more
 

熱源 = NETSUGEN

川越宗一

Book

故郷を奪われ、生き方を変えられた。それでもアイヌがアイヌとして生きているうちに、やりとげなければならないことがある。北海道のさらに北に浮かぶ島、樺太(サハリン)。人を拒むような極寒の地で、時代に翻弄されながら、それでも生きていくための「熱」を追い求める人々がいた。明治維新後、樺太のアイヌに何が起こっていたのか。見たことのない感情に心を揺り動かされる、圧巻の歴史小説。

See more
 

かがみの孤城

辻村深月

Book

See more
 

エレジーは流れない

三浦しをん

Book

海と山に囲まれた餅湯温泉。団体旅行客で賑わっていたかつての面影はとうにない。のどかでさびれた町に暮らす高校2年生の怜は、複雑な家庭の事情、迫りくる進路選択、自由奔放な友人たちに振りまわされ、悩み多き日々を送っている。そんななか、餅湯博物館から縄文式土器が盗まれたとのニュースが…。モヤモヤした日常を吹き飛ばす青春群像小説!

See more
 

小説 8050

林真理子

Book

「父さんと死のう」 息子が部屋から出なくなって七年。このままでは、家族が崩壊する―。「引きこもり100万人時代」に生きるすべての日本人に捧ぐ。絶望と再生の物語。

See more
 

白鳥とコウモリ

東野圭吾

Book

遺体で発見された善良な弁護士。一人の男が殺害を自供し事件は解決―のはずだった。幸せな日々は、もう手放さなければならない。東野版『罪と罰』。

See more
 

オルタネート

加藤シゲアキ

Book

高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」が必須となった現代。東京のとある高校を舞台に、若者たちの運命が、鮮やかに加速していく。全国配信の料理コンテストで巻き起こった“悲劇”の後遺症に思い悩む蓉。母との軋轢により、“絶対真実の愛”を求め続ける「オルタネート」信奉者の凪津。高校を中退し、“亡霊の街”から逃れるように、音楽家の集うシェアハウスへと潜り込んだ尚志。恋とは、友情とは、家族とは。そして、人と“繋がる”とは何か。デジタルな世界と未分化な感情が織りなす物語の果てに、三人を待ち受ける未来とは一...

See more
 

とわの庭

小川糸

Book

帰って来ない母を“とわ”は一人で待ち続ける。何があっても、前を向いて生きる―。草木や花々、鳥の声。生命の力に支えられ、光に守られて生き抜く“とわ”の物語。

See more
 

鎌倉うずまき案内所

青山美智子

Book

古ぼけた時計店の地下にある「鎌倉うずまき案内所」。そこには、双子のおじいさんとなぜかアンモナイトが待っていて…。会社を辞めたい20代男子。ユーチューバーを目指す息子を改心させたい母親。結婚に悩む女性司書。孤立したくない中学生。40歳を過ぎた売れない脚本家。ひっそりと暮らす古書店の店主。平成を6年ごとにさかのぼりながら、悩める人びとが「気づくこと」でやさしく強くなる―。ほんの少しの奇跡の物語。

See more
 

52ヘルツのクジラたち

町田そのこ

Book

52ヘルツのクジラとは―他の鯨が聞き取れない高い周波数で鳴く、世界で一頭だけのクジラ。たくさんの仲間がいるはずなのに何も届かない、何も届けられない。そのため、世界で一番孤独だと言われている。自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会い、新たな魂の物語が生まれる―。本屋大賞受賞作。

See more
 

谷中びんづめカフェ竹善.

竹岡葉月

Book

「私が好きなのは菱田さんです」勢い余ってセドリックに告白してしまった紬。気まずさにいたたまれない日々を過ごしていたある日、ネットに竹善の悪評が書かれているのを見つけてしまう。憤慨した紬は書き込み主の正体を探るが、犯人は意外な人物で!?林檎の色づく季節に、心も体も温まるとっておきのメニューをどうぞ。谷中を舞台に贈るおいしい下町人情物語。

See more
 

お探し物は図書室まで = What are you looking for in the library

青山美智子

Book

お探し物は、本ですか?仕事ですか?人生ですか?悩める人々が立ち寄った小さな図書室。不愛想だけど聞き上手な司書さんが思いもよらない選書と可愛い付録で人生を後押しします。『木曜日にはココアを』の著者が贈る、明日への活力が満ちていくハートウォーミング小説。

See more
 

流浪の月 = The Wandering Moon

凪良ゆう

Book

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい―。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

See more
 

おまじない

西加奈子

Book

「あなたは悪くないんです。」(「燃やす」)「私たちは、この世界で役割を与えられた係なんだ。」(「孫係」)「弱いことってそんないけないんですか?」(「マタニティ」)―さまざまな人生の転機に、まじめさゆえに孤独に思い悩んでしまう女性たちの背中をそっと押して、新しい世界に踏み出す勇気をくれる魔法のひとこと。珠玉の八編、ついに文庫化!巻末に長濱ねるとの特別対談を収録。

See more
 

私はスカーレット = I am Scarlett.

林真理子

Book

入隊を決意したレットに途中で置き去りにされながらも、出産したばかりのメラニーと子どもたちを連れて戦火のアトランタから故郷タラ農園に帰り着いたスカーレット。疲れ果てた彼女を待っていたのは、食糧から物資まで何もかも北軍に奪われた屋敷と、愛する母の死の報せだった。妹たちは病に伏せ、父は我を失い、使用人たちもほとんどが消去ったサラ。呆然としながらもスカーレットは一家の主として生きるため、大地の土を握りしめて神に誓う。私はもう二度と飢えない、と。人生最大の危機にたった一人で立ち向かう最強ヒロイン、絶望と覚...

See more
 

婚活食堂.

山口恵以子

Book

トマトの冷やしおでん、エビ雲呑、ピーマンの焼売、ナスと卵のよだれ鶏風―暑い夏でもさっぱり美味しい料理とお酒で、「めぐみ食堂」は大賑わい。常連客のIT実業家・藤原海斗がAI婚活事業に乗り出したと聞き、興味を持った女将の恵は、食の好みも趣味も正反対の男女に利用を勧めるが…。元占い師の女将の絶品料理とふしぎな力で、訪れる人がそれぞれの幸せを見つけていく人気シリーズ待望の第5弾!

See more
 

ののはな通信 = Letters between Nono and Hana

三浦しをん

Book

ミッション系のお嬢様学校に通うののとはなは、気の合う親友同士だ。庶民的な家庭に育ち、頭脳明晰、クールで辛辣なののと、外交官の家に生まれ、天真爛漫で甘え上手なはな。自分の気持ちを恋愛感情だと自覚したののは告白する。だが、不器用に始まった2人の恋は、ある裏切りによって崩れ始めて…。一生に一度の運命の恋が、その後の人生を導いてくれる。書簡の往復だけで緻密に紡ぎだされた、大河小説の最高峰。

See more
 

錯綜

南英男

Book

四谷で硬派ジャーナリストが金属バットで撲殺された。捜査は難航し、浅倉悠輔ら武装捜査班が乗り出すが、名士専用の秘密クラブ、電力会社と文化人の癒着、格闘技の八百長など、取材ネタと事件の関係が謎だった。やがて背後に、カジノ推進派議員へのラスベガス接待疑惑が浮上。だが、情報提供者はすでに不審死を遂げ、さらにテロリスト集団が暗躍を始めた!

See more
 

ブラザー

鈴峯紅也

Book

自分の命に巨額の懸賞金がかけられていると知った、警視庁組対特捜の東堂絆。首謀者の目的を探るべく捜査を開始する。一方、竜神会会長・五条宗忠の出生の秘密を知ってしまった弟の国光。身の危険を感じた彼は、死のドラッグ「ティアドロップEXE」の情報と引き換えに、なんと絆たち警察に自らの保護を要請してきたのだが…。

See more
 

介護士 K

久坂部羊

Book

介護施設「アミカル蒲田」で入居者の転落死亡事故が発生した。事故の状況に違和感わ覚えたルポライターの美和は、第一発見者の介護士・恭平の関与を疑う。恭平は「長生きで苦しんでいる人は早く死なせてあげたほうがいい」と公言していた。彼の過激な思想から生じた殺人事件なのか?介護現場の厳しい現実を知って美和の疑惑が揺らぐなか、第二、第三の死亡事故が発生し、事態は意外な展開に―。実在の事件から着想した衝撃作。老人ホーム連続転落死事件の闇に迫る衝撃のサスペンス。介護現場の実情と「安楽死」を語るノンフィクション作家...

See more
 

ふたりみち

山本幸久

Book

67歳の元ムード歌謡歌手ゆかりは失くした金のため函館から東京までドサ回りの旅に出た。途中知り合った12歳の家出少女縁が彼女の歌に感動して勝手についてくるが、公演は行く先々でトラブルに遭い中止。落ち込むゆかりを縁が支えるようになり、55歳の年の差を超え2人は強い絆で結ばれていく。だがゆかりには彼女にも言えない悲しい過去があった―。笑って笑って、ラスト1行に涙する人生讃歌。書き下ろし掌編も収録。

See more
 

7月7日の奇跡 = The Miracle of Summer

喜多嶋隆

Book

友人の自殺に傷つき、船員学校を休学した雄次。地元の葉山に戻ってきた矢先、まるで少年のような少女・ノブに出会う。ぶっきらぼうで、どこか危なっかしいノブを気にかけるうちに、いつしか素朴でまっすぐな彼女に惹かれはじめていた。だが、ノブが人知れず抱えていたのは、想像を絶する孤独だった―。夏の陽射しが降り注ぐ海辺の町を舞台に、心に深い傷を負った青年と少女が再生していく姿を描く感動のラブ・ストーリー。

See more
 

教室が、ひとりになるまで

浅倉秋成

Book

北楓高校で起きた生徒の連続自殺。ひとりは学校のトイレで首を吊り、ふたりは校舎から飛び降りた。「全員が仲のいい最高のクラス」で、なぜ―。垣内友弘は、幼馴染みの同級生・白瀬美月から信じがたい話を打ち明けられる。「自殺なんかじゃない。みんなあいつに殺されたの」“他人を自殺させる力”を使った証明不可能な罪。犯人を裁く1度きりのチャンスを得た友弘は、異質で孤独な謎解きに身を投じる。新時代の傑作青春ミステリ。

See more
 

誰彼 (たそがれ).

法月綸太郎

Book

密室から消えた教祖。マンションで発見された首のない死体。犯行声明電話が告げたのは、消息不明の革命家の名。だが、その死にざまは、教祖に送られた脅迫状の通りだった。死んだ男は誰なのか。首はなぜ持ち去られたのか。探偵・法月綸太郎がくりだす推理が事件をさらに複雑化する、多重推理ミステリの名作。

See more
 

ピットフォール = PITFALL

堂場瞬一

Book

一九五九年、ニューヨーク。元刑事で探偵のジョーは、役者志望の女性の行方を捜してほしいと依頼を受ける。その矢先、衝撃的な知らせが。黒人の探偵仲間ウィリーが殺されたというのだ。残忍な手口は、女性ばかりを狙う連続殺人事件と同じだった―。ハードボイルドの美学が詰まった傑作!

See more
 

彼方の悪魔

小池真理子

Book

語学留学から帰国した男子学生はペットのリスの死骸を持ち帰り、自宅の庭に埋めてやったが、その日から高熱を出した。なんとリスはペスト菌に冒されていたのだ。一方、男子学生の自宅にほど近いところには美しい女性キャスターが住んでいる。その彼女に歪んだ愛情を抱くのは、病的に潔癖なうえ、セントポーリアに埋め尽くされた部屋で暮らす男。忍び寄るペスト菌と、男の異常な行動。ふたつの“病”が交わる先には想像を絶する恐怖が待ち受けていた。

See more
 

毒をもって毒を制す

塔山郁

Book

薬剤師の毒島さんは、薬にまつわる不思議な出来事を名探偵のように解決する。アルコール依存症の男性が急に「酒がまずい」と言い出したのはなぜ?あまりにも頻繁に薬局に来る女性の目的は?未曾有のウイルスが世界を騒がすなかでも鮮やかな推理を見せる毒島さん。しかしある日、彼女に憧れるホテルマン・爽太が、新型コロナウイルスに感染した恐れがあるとしてホテルに隔離され…。

See more
 

笑え、シャイロック

中山七里

Book

入行三年目の銀行員・結城が配属されたのは、日陰部署と囁かれる渉外部。落胆する結城はある日、上司である伝説の不良債権回収屋・山賀に伴われ、小さな町工場を訪ねる。多額の負債を抱え破産寸前の工場を、山賀は鮮やかな交渉術で救うことに成功。山賀の美学に惚れ込んだ結城は、彼の背中を追い業務に邁進する。だが、山賀が何者かに殺され―。巨大銀行の闇に立ち向かう男たちの熱き想いが炸裂する渾身の金融ミステリ!

See more
 

美容室であった泣ける話

Book

『黒髪のゆくえ』ある日突然ショートヘアになった紫子。「心機一転」という言葉の裏には深い理由が。『頭パープル』プロポーズを軽く流した彼女は、彼にある店で髪を切るように言うが…『波の花』70歳の店長が営む寂れた美容室。一つの出会いが、この場所に再び命を吹き込む。『床屋のとーちゃん』実父を知らない芙美。髪を切るのはいつも床屋の「とーちゃん」だった。『名もなき花でも咲きほこれ』「ただいま、親父」。芽の出ない俳優の新太が10年ぶりに父の床屋のドアを開ける。ほか7作品収録。

See more
 

みんなのナポリタン

山口恵以子

Book

「おばちゃんとこ、ナポリタンはやんないの?」焼き魚、ハンバーグ、串カツ、豚汁、オムレツ、ふろふき大根、カレー…昼は定食屋で夜は居酒屋。姑の一子と嫁の二三に、今や大黒柱になった万里の三人で営む佃の「はじめ食堂」は、庶民的で美味しい料理が評判だ。お客のリクエストで、なつかしのナポリタンもメニューに入れることに。一方、常連客の瑠美先生の告発記事が週刊誌に出てしまい…。続々重版の大人気シリーズ、第9弾。文庫オリジナル。

See more
 

さくら、さくら

林真理子

Book

数年ぶりに再会した彼は変わらず優しく、変わらず左手の薬指に指輪をはめていた。それでも平日に面会を重ねずにはいられない二人。彼は週末までは、自分にくれるつもりはないから―(「おとなが恋して」)。理性で止められたら、それは本当の恋じゃない。甘酸っぱくてほのかに寂しい、12の大人の恋愛を描いた短編集。

See more
 

ツキマトウ―

真梨幸子

Book

ストーキングとは、一方的に対象に執着する“つきまとい”行為。「相手に近づきたい」という、誰もが持ちうる願望が想像の域を超えたとき、気づけばそれは犯罪に!全国模試1位の女子の正体が気になって仕方ない優等生、熱心なファンから指輪を受け取ってしまったご当地アイドル…甘い誘惑に心揺らぎ、一歩踏み出してしまった者から愛憎の底なし沼に落ちてゆく。一気読み必至、イヤミスの旗手が放つ戦慄のストーカー小説。

See more
 

流星のソード = Shooting star sword : 名探偵・浅見光彦 vs. 天才・天地龍之介

柄刀一

Book

毒殺事件が起きた小樽の龍宮神社で、浅見光彦は偶然、天地龍之介と再会する。神社では榎本武揚が隕石から作らせた流星刀が公開されていた。同日、小樽の海岸で他殺体が発見される。二人は石川啄木を暗示する遺留物から連続殺人を疑うが、被害者に繋がりはない。やがて、流星刀をめぐる謎の刀匠が浮上するや、第三の悲劇が!名探偵二人に解けない犯罪の方程式はあるのか。

See more
 

ジウ.

誉田哲也

Book

多数の死傷者を出した信金爆破事件。東と門倉美咲は事件の背後にジウの姿を認め、慄然とする…。一方、新宿駅前で街頭演説中の総理大臣がテロの標的となった。大混乱の中、伊崎基子らSAT隊員が総理の身柄を確保。だがそれは、さらなる悪夢の始まりだった。“新世界秩序”を唱えるミヤジと、象徴の如く佇むジウの狙いとは!?

See more
 

行動心理捜査官・楯岡絵麻 vs ミステリー作家・佐藤青南

佐藤青南

Book

とある小説家の信者が、そのアンチを狙って殺人を犯した。小説家の名前は佐藤青南。オンラインサロンを主宰し、その会員に小説を大量購入させるなど、きな臭い噂がつきまとう人物だ。事件を担当するのは、被疑者のしぐさから嘘を見破る敏腕刑事・楯岡絵麻。過去の言動から、佐藤自身が「人を殺したことがある」と自覚していると確信した絵麻は、佐藤が今回の事件を煽動したと考えるが…。

See more
 

地球星人

村田沙耶香

Book

恋愛や生殖を強制する世間になじめず、ネットで見つけた夫と性行為なしの婚姻生活を送る34歳の奈月。夫とともに田舎の親戚の家を訪れた彼女は、いとこの由宇に再会する。小学生の頃、自らを魔法少女と宇宙人だと信じていた二人は秘密の恋人同士だった。だが大人になった由宇は「地球星人」の常識に洗脳されかけていて…。芥川賞受賞作『コンビニ人間』を超える驚愕をもたらす衝撃的傑作。

See more
 

教科書名短篇

Book

頑固な父のやさしさ、忘れられない少年時代の出来事、母からの手紙…。幸田文、向田邦子から庄野潤三、井上ひさし、五木寛之まで。喜びも悲しみもともに分かちあった、かけがえのない人と時を描いた感動の16篇。中学国語教科書から精選する好評シリーズ第三弾。

See more
 

月まで三キロ

伊与原新

Book

「この先にね、月に一番近い場所があるんですよ」。死に場所を探す男とタクシー運転手の、一夜のドラマを描く表題作。食事会の別れ際、「クリスマスまで持っていて」と渡された黒い傘。不意の出来事に、閉じた心が揺れる「星六花」。真面目な主婦が、一眼レフを手に家出した理由とは(「山を刻む」)等、ままならない人生を、月や雪が温かく照らしだす感涙の傑作六編。新田次郎文学賞他受賞。

See more
 

もう一杯、飲む?

Book

ときに酒は、記憶を呼び覚ます装置になる。わたしを魅了するあの人は昼間から水玉のお猪口を手にしていた。僕はビールの苦さに重ねて父の呟きを反芻する。恋の行方を探りながらそっと熱爛を飲んだ日、ただ楽しくて倒れるほど飲んだ夜、まだ酒を知らなかった若さを、今は懐かしく思う。もう会えない誰かと、あの日あの場所で。九人の作家が小説・エッセイに紡いだ「お酒のある風景」に乾杯!

See more
 

警視庁心理捜査官

黒崎視音

Book

あんた、なんで所轄なんだよ?心理なんとか捜査官の資格もってんだろ、犯罪捜査支援室あたりが適当なんじゃねえのかよ…多摩中央署に強行犯係主任として異動(=左遷)、本庁よりも更に男優位組織でアクの強い刑事達に揉まれる吉村爽子。ローカルな事件の地道な捜査に追われる日々の中で、その大胆な“筋読み”が次第に一目置かれるようになる。「心理応用特別捜査官」吉村爽子の活躍!

See more
 

鴨川食堂ごちそう

柏井壽

Book

京都正面通りを歩いていると、どこかから出汁の匂いが漂ってくる。匂いにつられてしもた屋の引き戸を開ければ、そこは鴨川流・こいし親娘が営む食堂だ。思い出の味を捜し出し、食べさせてくれる二人のもとには今日も迷い人が訪れる。息子の死に囚われ続ける父に、お詫びで送られてくる「鰻丼」、家出前日に食べた甘すぎる「いなり寿司」、夫に嘘をついた「ピザ」に、癌を宣告されたときに妻が作った「焼きうどん」。恩師との苦い思い出が詰まった「タマゴサンド」や、妹が最期に食べたいという粗末な「豆腐飯」。よりボリュームアップした...

See more
 

ハレルヤ!

重松清

Book

アカネたち五人は、学生時代のバンド仲間。社会人になって解散した後は、それぞれ子育てや仕事、恋愛に奮闘をつづけ、気がつくと、もう四十六歳になった。音楽さえあればゴキゲンだった青春時代とは違う「人生の後半戦」に鬱々としていたある日、あのキヨシローが遠くへ旅立った。伝説の男の啓示に導かれ、五人は再会を果たすのだが―。「ベイビー、生きるんだ」。勇気わきあがる感動長編。

See more
 

潜入捜査 = The undercover operation : 処断

今野敏

Book

拳銃も手帳も取り上げられた元マル暴刑事・佐伯涼が環境犯罪に立ち向かう“潜入捜査”シリーズ第3弾。千葉で漁師が殺害されるが、その事件が報道されることはなかった。魚の密漁、野鳥の密猟、ランの密輸…脱法行為の背後にいるのは佐伯の宿敵・坂東連合傘下の艮組だ。姑息な経済ヤクザたちに、佐伯の怒りが爆発、正義の鉄拳が牙をむく!

See more
 

わたし、定時で帰ります。

朱野帰子

Book

差別的CMでネット炎上したスポーツウェアメーカー「フォース」。ウェブ運用を勝ち取るコンペに参加した東山結衣だが、そこは定時で帰ることをモットーとする結衣に怠け者の烙印を押し、「下請けだから」と時代錯誤な横暴を繰り返すパワハラ企業だった。対等に仕事しようと奔走する結衣だったが、トラブルメーカーばかりの新人教育も請け負うことになってしまい…。大人気シリーズ第二弾。ドラマ原作の文庫化!

See more
 

潜入捜査 = The undercover operation : 排除

今野敏

Book

拳銃も手帳も取り上げられた元マル暴刑事・佐伯涼が環境犯罪に立ち向かう“潜入捜査”シリーズ第2弾。日本の商社が出資した、マレーシアの採掘所の周辺住民が白血病に倒れた。反公害運動封じ込めのため、暴力的な見せしめを住民に行なう日本のヤクザに、佐伯の怒りが爆発する。灼熱の地で、佐伯の古代拳法とヤクザとの死闘が始まった―!

See more
 

ランチタイムのぶたぶた

矢崎存美

Book

スーパーに勤める聖乃は、一人で過ごすお昼休憩を味気なく思っていた。そんな中、思いがけないお弁当を持った「山崎ぶたぶた」という新人が現れ、聖乃の毎日が変わり始める―(「ぶたぶたのお弁当」)。仕事も勉強もお悩みも、ひと休みできる「お昼」の時間。さりげなくも大切な時間を、お店や職場やお家で、不思議なぬいぐるみと過ごした人々の、七通りのランチタイム。

See more
 

みかんとひよどり = La mandarine et le bulbul

近藤史恵

Book

雇われシェフの亮二は、行き詰まっていた。腕には自信があったのに客がこず、このままでは料理への情熱も失いそうだ。そんなある日、猟に入った山で無愛想な猟師・大高に出会う。以前からジビエ料理を出したいと願っていた亮二は、人を避け自然の中に生きる大高のもとに通いはじめる。だが、なぜか大高の周りで不可解な事件が起きはじめ―「ビストロ・パ・マル」シリーズの著者が贈る、美味しい料理満載の、大人の成長物語。

See more
 

ジウ.

誉田哲也

Book

連続児童誘拐事件の現場で、ついに殉職者を出してしまった警視庁は、威信にかけて黒幕・ジウを追う。実行犯の取り調べを続ける東警部補と門倉巡査は、“新世界秩序”という巨大な闇の存在を知り、更なる事件の予兆に戦慄する。一方、特進を果たした伊崎巡査部長は、特殊急襲部隊から所轄署へ異動。そこにも不気味な影が…。

See more
 

夜空に泳ぐチョコレートグラミー

町田そのこ

Book

思いがけないきっかけでよみがえる一生に一度の恋、そして、ともには生きられなかったあの人のこと―。大胆な仕掛けを選考委員に絶賛されたR‐18文学賞大賞受賞のデビュー作「カメルーンの青い魚」。すり鉢状の小さな街で、理不尽の中でも懸命に成長する少年少女を瑞々しく描いた表題作他3編を収録した、どんな場所でも生きると決めた人々の強さをしなやかに描き出す5編の連作短編集。

See more
 

夜が暗いとはかぎらない

寺地はるな

Book

大阪市近郊にある暁町。閉店が決まった「あかつきマーケット」のマスコット・あかつきんが突然失踪した。かと思いきや、町のあちこちに出没し、人助けをしているという。いったい、なぜ―?だが、その思いがけない行動が、いつしか町の人たちを少しずつ変えていく。いま最注目の著者が、さまざまな葛藤を抱えながら今日も頑張る人たちに寄りそう、心にやさしい明かりをともす13の物語。

See more
 

SIS = Special Investigation Squad : 丹沢湖駐在 武田晴虎

鳴神響一

Book

神奈川県警捜査一課特殊捜査係、通称SISの元第四班長だった武田晴虎がこの四月より赴任するのは、松田警察署地域課丹沢湖駐在所。過去の人質立てこもり事件の際に部下を負傷させてしまい、また伴侶を失っていた晴虎は、その地での再起を誓っていた。長閑な温泉街で持ち込まれる、微笑ましい相談。しかし、まさかの誘拐事件が発生し!?過去を乗り越え、再び闘う己を取り戻すことはできるのか。警察小説の新ヒーロー、誕生。

See more
 

鵜頭川村事件

櫛木理宇

Book

墓参りのため、亡き妻の故郷・鵜頭川村を三年ぶりに訪れた岩森明とその娘。突然、豪雨にみまわれ、山間の小さな村は土砂崩れで孤立。そして、若者の死体が発見された。犯人は村人か、それとも―。降りしきる雨の中、父と幼い娘は暴動と狂乱に陥った村から脱出できるのか。血と恐怖のパニック・サスペンス!

See more
 

死の島

小池真理子

Book

大手出版社を定年退職後、小説講座の講師をしていた69歳の澤登志夫。がんで余命いくばくもないことを知り、いつからか準備を始めていたある計画を胸にひとり冬の信州へ向かう―澤を崇拝する教え子・26歳の宮島樹里は自らの昏い過去と向き合い、澤から何を受け取るのか。尊厳死を描いた傑作長編。

See more
 

闇夜の底で踊れ

増島拓哉

Book

35歳無職、パチンコ依存症。ある日、大勝ちした金でソープランドに行った伊達は、そこで出会った詩織に恋をしてしまう。やがて資金が尽き、闇金に走った彼を取り立て屋から救ったのは、かつての兄貴分、関川組の山本で―。組長引退を機に内紛が勃発、一度は足を洗った金と暴力の世界に舞い戻った伊達を待ち受ける運命とは!?

See more
 

片隅の人たち

常磐新平

Book

植草甚一、都筑道夫、清水俊二…。一九六〇年代、翻訳出版の世界では個性豊かな面々が闊歩していた。直木賞受賞作『遠いアメリカ』と同時期を背景に、世間の片隅でたくましく生きる翻訳者の姿を、憧れに満ちた青年のまなざしからとらえた自伝的連作集。巻末にエッセイ「二十代の終わりごろ」他一篇を付す。

See more
 

殺した夫が帰ってきました

桜井美奈

Book

都内のアパレルメーカーに勤務する鈴倉茉菜。茉菜は取引先に勤める穂高にしつこく言い寄られ悩んでいた。ある日、茉菜が帰宅しようとすると家の前で穂高に待ち伏せをされていた。茉菜の静止する声も聞かず、家の中に入ってこようとする穂高。その時、二人の前にある男が現れる。男は茉菜の夫を名乗り、穂高を追い返す。男はたしかに茉菜の夫・和希だった。しかし、茉菜が安堵することはなかった。なぜなら、和希はかつて茉菜が崖から突き落とし、間違いなく殺したはずで…。秘められた過去の愛と罪を追う、心をしめつける著者新境地のサス...

See more
 

猫の泣ける話

Book

三十五年連れ添った夫にある日、「猫が飼いたいから離婚して下さい」と妻は告げるが…(『猫が飼いたい』)、「よし、星を取りに行こう」。突飛な提案に戸惑いながらも、夏樹は千冬を浜に連れていく(『星取り網と夜の猫』)、妹が猫アレルギーになり、猫を手放すことに。納得できない文乃は家族に噛みつくが…(『コーリング・ユー』)など、あなたの心を癒してくれる気まぐれな猫たちが織りなす12編のアンソロジー。

See more
 

サクラオト

彩坂美月

Book

朝人が詩織を連れ出した満開の夜桜の下には、痛ましい事件が埋まっていた。少女が起こしたクラスメイトの毒殺、恋人同士の扼殺、中学教師による教え子殺し…なぜ、ここで殺人が起きるのか?少女が口にしていた「桜の音が聞こえる」という言葉も謎を深めていく(「サクラオト」)。聴覚を鍵に描いた表題作など五感をテーマにした五編+Extra stage「第六感」からなる本格ミステリー連作短編集。

See more
 

いのちの停車場

南杏子

Book

東京の救命救急センターで働いていた、六十二歳の医師・咲和子は、故郷の金沢に戻り「まほろば診療所」で訪問診療医になる。命を送る現場は戸惑う事ばかりだが、老老介護、四肢麻痺のIT社長、小児癌の少女…様々な涙や喜びを通して在宅医療を学んでいく。一方、家庭では、脳卒中後疼痛に苦しむ父親から積極的安楽死を強く望まれ…。

See more
 

暗黒自治区 = Sunless land : dark autonomous Asia

亀野仁

Book

隣国に侵食された日本列島で、“拉致チーム”の一員にスカウトされた由佳は、旧東京で“中央”政府高官の拉致作戦に参加して失敗、警察に身柄を拘束されてしまう。ところが、神奈川県公安局から国連警察への護送中、由佳を乗せた車両は高速道路で何者かに襲撃される。襲撃グループの目的とは?護送を担当していた神奈川県公安局の雑賀は、とある事情から由佳を逃がすべく逃避行を開始する。2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞文庫グランプリ受賞作。

See more
 

炎上チャンピオン = Burning champion

横関大

Book

伝説のチャンピオン・ファイヤー武蔵のライバルレスラーが、立たこもり事件の犯人として捕まった。世間のバッシングを受けてファイヤーが下した決断は“プロレスの自粛”だった。その十年後、元プロレスラーたちが何者かに襲われて、瀕死の重傷に。プロレス復活の夢が絶たれたが…。胸アツ必至の極上エンタメ!

See more
 

高校事変 = The High School Incident.

松岡圭祐

Book

『探偵の探偵』に登場する市村凛は、結衣の異母妹である凛香の実母だった。意識不明の重体に陥っているはずの凛だったが、驚愕の真相が明らかになる。時を同じくして慧修学院高校3年の生徒たちが、国際交流のためホンジュラスを訪問。その最中、メキシコの過激派組織ゼッディウムに襲撃される。背後には、優莉架祷斗―父・匡太の後継たる最強最悪の長男の姿があった!いよいよ佳境、クライマックスの第10巻記念作!

See more
 

踊る彼女のシルエット

柚木麻子

Book

家業の喫茶店を手伝う佐知子と芸能事務所で働く実花。35歳、既婚と未婚。いつまでも親友でいられると思っていた。だが、育ててきたガールズグループの解散をきっかけに、実花は急き立てられるように“婚活”を始める。「時間がないの」と焦る実花に佐知子は大切なことを告げられずにいて……。変わりゆく季節の中で揺らぐ女の友情をリアルに描く長編小説。

See more
 

四十歳、未婚出産

垣谷美雨

Book

四十歳目前での思わぬ妊娠に揺れる旅行代理店勤務の優子。これが子供を産む最初で最後のチャンスだけど……。お腹の子の父親であるイケメン部下、偏見のある田舎の母親、パワハラ上司、不妊治療に悩む同期、誰にも相談できない。シングルマザーでやっていけるのか? 仕事は? 悩む優子だったが、少しずつ味方が現れて気持ちは固まっていく。

See more
 

今読みたい太宰治私小説集

太宰治

Book

劣等感や不安に苛まれていた津軽での幼・少年期を描き、文壇デビュー作となった『思い出』。富士山の麓の宿に滞在し、小説家としての再生と自身の結婚を綴った『富嶽百景』。十年ぶりの帰郷で感じた故郷への思いを紡いだ『帰去来』。母危篤の報を受け妻子を連れての帰省を描く『故郷』。そして、太平洋戦争下の時局差し迫る中、仕事で旅した故郷・津軽での3週間をまとめた『津軽』。著者の体温を感じるほど人間らしい五話を収録しました。

See more
 

未来職安 = Future Public Employment Security Office

柞刈湯葉

Book

日本人は働かない99パーセントの“消費者”と働く1パーセントの“生産者”に分かれた。これは史上最高に楽しい近未来の話である。自動運転タクシー、警察ロボ、配達渡し鳥など、物事はほとんど自動化され、国民は厚生福祉省から支給される生活基本金で十分に暮らせる。だが、それでも働きたいという「ワケあり消費者」が、今日も職安に仕事を求めてやってくる。謎の経営者・大塚さんと若き女性事務員・目黒さんが奇想天外な発想で職を斡旋する、近未来型お仕事小説!

See more
 

ブルーもしくはブルー = The blue or the other blue

山本文緒

Book

高収入の夫と都心の高級マンション。誰もが羨む暮らしを送る蒼子だったが、夫との関係は冷め満ち足りぬ思いを抱えていた。旅行中、偶然立ち寄った博多の街中で昔の恋人・河見を見かける。彼に寄り添っていたのは自分そっくりの、もう1人の「蒼子」だった!名前も顔も同じなのに全く違う人生を送る2人。互いへの好奇心と羨みを感じて、1ヵ月だけ生活を入れ替わってみることにするが…。読みだしたら止まらない、驚愕の展開!

See more
Auckland Libraries:New titles Check out the latest new titles in fiction, nonfiction, DVDs, CDs, eBooks, audiobooks, Māori, and community language books.